万年堂

万年堂に
ついて

1949年(昭和24)の
創業以来
よいものだけを精選し
ひたすら真面目に

江戸時代、三重県津市で「桑名屋」の屋号にて菓子舗を営んでおりました。
昭和24年、名古屋で創業する際、親戚筋にあたる京都「亀末廣」(文化元年創業)当主より「万年堂」の屋号を贈られ今に至ります。

創業の地は名古屋市中区南伊勢町(現名古屋市中区栄3丁目)。京のながれを汲む干菓子・半生菓子の数々はお客様よりご好評をいただき、小さいながらも繁盛いたしました。

1969年(昭和44)、現在の東区東桜二丁目へ移転。多くのお客様に支えていただきながら、初代からの教えを守り日々精進し、材料、製法に妥協を許さず、ひとつひとつ丹念に和菓子づくりに励んでおります。

伝統の中に洗練を加味した万年堂の味を、どうぞお楽しみください。